用紙はA4かB4?|ポスティング広告に最適な版は?

立川市 ポスティング ポスプロ

立川駅前にて

今日はポスティング広告におけるチラシの大きさについて考察します。

ポスティング広告は長い間、折込広告の代用や補完として扱われてきました。
折込広告のサイズは、新聞に折り込みますから、キッチリ綺麗に折込める大きさ、すなわちB4サイズが主流です。

B3とかB2という大きなチラシでも、新聞販売店には、二つ折り四つ折りにしてB4の状態で卸されます。

印刷屋さんも、このB4大の折込チラシを一番効率よく印刷できる四六判の印刷機を大挙導入しました。

ところが、手配りのポスティング業者からすると、B4では大きすぎて配れません。

一昔前、ポスティングでB4チラシを頼む際「折りたたみながら撒いてください」という要望がありました。それもしたことがあるのですが、結局、折りながら・・という工程が増えてしまうので、ポスティングの単価を上げざるを得ません。

また、ペラペラのB4チラシをたたみながら撒くというのは、ポストに綺麗に入りませんし、見栄えも悪い。さらに、大きくてチラシの頭がポストからはみ出てしまう・・はみ出さざるを得ない状況も多々出てしまうことがある。

ポスティングの後、雨が降り、はみ出たチラシが原因で「ポストの中が水浸しになった」他のチラシに合わせて入れたら「チラシがぐしゃぐしゃに入っていた」という苦情がクライアントに入ってしまいます。

そこで弊社は、B4以上の大きさで受注する場合には、折加工を加えることを前提で受注しています。

B4チラシは事前に折加工を加える方が、コスト的にも受取人様の負担、美観からも適しているのです。

時代はA版の時代へ。

時代が流れ、紙媒体が折込広告からポスティング広告にシフトするにつれ、B4大のチラシの納品だと、折加工のコストが加わるというデメリットが浮き上がってしまいました。

それを回避する方法として、折加工をしなくても配れるA4大の納品がポスティング広告の主流になりつつあります。B4上質紙が定番だったリハウスや住友不動産販売の”物件募集チラシ”が、今ではA4に代わりました。これは時代の流れを象徴する出来事だと思います。

ついでにコストで言わせてもらうと、印刷屋さんが持っている印刷機は折込広告に適したB版=四六判の印刷機が主流なので、A4で受注するとわざわざ大きなB4で印刷して、後でA4に断裁するなどコストがかえってかかる場合があった。

A4、つまりは菊版の印刷機が適しているけど、折込広告に特化した印刷業者さんは四六判の印刷機しか持っていない。一時期B4ではなくA4でチラシを同数で頼むと、A4の方が紙量が少ないはずなのに B4より高い見積もりが出ていた、なんて話もしょっちゅう耳にしていました。印刷屋さんがA4の印刷を嫌がっていたんだね。

国際的な紙の大きさの標準はA版。

なぜ日本ではB版が主流になったかというと、江戸時代の公文書や障子の版型が美濃版だったので、それに大きさが合致するのがB版だったからだそう。

私が使っていた頃の教科書やノートはB5サイズでしたが、現在の教科書はA4。
ノートもA4が多くなった。ランドセルが少し大きくなったのは、A4サイズに合わせたからだそうです。

B版を多用していた日本は実は少数派だった。
国際的な標準化の流れとグローバリズムに合わせ、企業のドキュメントもB4からA4に変わりました。

ネット印刷の若い経営者さん達は、この流れを早めにつかんだのかもしれません。
ネット印刷のサイトでは、A4のチラシ・フライヤーの印刷コーナーに直ぐ飛びます。
ウインドウズ10もマックもA4前提で造られているから、PC画面もB4縦置きドキュメントよりA4の方が見やすいような気がします。

しかしながら、「B4とA4では基本的に情報量が違う・・やっぱりB4で・・」という意見も強い。既成のイメージが強いのか、不動産の販売チラシはやはりB4、B3が多い。

ポスティング屋的には、B4は折らなければ配れないので、折られるのを前提としてデザインしてください・・また、ポスティングは明るい太陽光の下で初見になるので、透け過ぎない60k以上の紙を使ってくださいと言うしかありませんが。

ポスティング広告に適した版は?

ここまでA版をさんざんもち上げましたが、ポスティング屋的にはA4も問題がないわけではありません。

今はやりのネット印刷の業者にA4を頼むと、ほぼデファクトで90kのコート紙で納入されます。この中厚のコート紙、意外に曲者で、ポスティングすると静電気と印刷のインクでくっ付いてしまうのですよ。配達員は1日数千枚配るのですが、くっ付いていてそれを剥がすのに手間取り、しまいには指の腱鞘炎?になってしまうのです。

B4の場合なら、折加工を加えた後なので、隙間に空気が入っていて、くっ付いて配りにくいということはありません。

じゃあ、あまりにもくっ付いているA4も折り機にかければということになりますが、見た目かなり小さくなり ますから得策とは言えません。

あまりにもくっ付きすぎるA4は、腱鞘炎対策で配達員が自分で折る場合がありますからご注意を。

折らなくても直ぐ摘まめるA4の紙と言えば、コートのない上質紙、または、あまりくっ付かないマット系のコート紙を使うと良いのではないでしょうか?これならポスティング業者がわざわざ折って配るということも少なくなるでしょう。

B4はそのまま配るということはないので、折加工前提でデザインを考えておけば良いのでは。

筆者お勧めは、A3の二つ折り。パンフレットA4の見開きにしてポスティングするのです。A4三連の観音開きも良いでしょうね。

情報量と高級感がグッと増したポスティングチラシが出来上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です